ふるさと納税制度を使って寄附できる金額に上限はありません。

それなのに、どうして「限度額」が話題になるのか、というお話です。

 

ふるさと納税の実態は、

地方自治体への寄附、であり、

その寄附によって控除される税金は

ご自身の納めた所得税および住民税です。

 

つまりご自身が納めた金額を越えた控除は受けられません。

それが、ふるさと納税に限度額がある理由です。

 

ちなみに控除の対象となるふるさと納税の限度額は、

総所得金額に対して所得税は40%、住民税は30%が上限となります。

 

ただし、これはあくまでも目安です。

実際は家族構成や他の控除(住宅ローン、医療費など)によって変わります。

以下のページは、家族構成と年収による限度額の早見表ですのでご覧ください。

ふるさと納税 限度額の早見表

 

もう少し細かくシミュレーションしたい、という方は

こちらの記事をご覧ください。

ふるさと納税 シュミレーション

 

以上ふるさと納税限度額の早見表についてでした。