ふるさと納税の返礼品にモンベルのポイントバウチャーがおすすめ!その理由は?

この記事は約4分で読めます。

アウトドア用品の人気ブランドである
モンベル(mont-bell)の商品券、ポイントバウチャーが
ふるさと納税でもらえることをご存知でしたでしょうか。

ふるさと納税の返礼品にポイントバウチャーをもらうと
ポイント交換に必要なモンベルクラブ会員の年会費が
初めて登録する方は、初年度無料になります。
既に会員の方も、有効期限が一年延長されるので
実質一年間無料になるのは同じです。

年会費は1500円(税込)なのでなかなかお得ですね!

それでは、モンベルのポイントバウチャーを
返礼品として選べる自治体をご紹介します。

長野県小谷村へのふるさと納税でモンベルのポイントバウチャーをもらうには

長野県小谷村への寄附で
モンベルのポイントバウチャーを
返礼品としてもらえるのは「ふるなび」です。

金額は総務省の通知にしたがって
寄附金の3割相当のポイントがもらえるよう
何通りか設定されています。
最低5000ポイントから最高250000ポイントまで
選択できます。

また、「ふるなび」では寄付金額の1%分の
Amazonギフト券コードがもらえますが
小谷村に関しては期間限定の増量キャンペーン中で
なんと、10%分のギフト券コードがもらえます。

ちなみにキャンペーンは2018年12月31日いっぱいまで。
つまり今年中にふるなびで小谷村にふるさと納税をすると
寄附額の10%のAmazonギフト券コードがもらえるんです!

結果的に50%近い還元率になります。

実は「ふるなび」でも人気上位にランキングしている
モンベルのポイントバウチャーですが
還元率を重視される方には特におすすめの返礼品です!

こちらのリンクをクリックすると
ポイントバウチャーの一覧が表示されます。
もちろんそのまま寄附の手続きも可能です。

長野県小谷村のモンベルポイントバウチャーを含む返礼品一覧はこちら

富山県立山町へのふるさと納税でモンベルのポイントバウチャーをもらうには

富山県立山町への寄附で
モンベルのポイントバウチャーを
返礼品としてもらえるのは「ふるまるクラウドファンディング」です。

これまでのふるさと納税は寄附金の使い道を
ある程度自分で選択できました。

しかし、クラウドファンディングでは
対象のプロジェクトは決まっています。
私たちは、そのプロジェクト支援のために
寄附をするという形になります。

富山県立山町のプロジェクトは
「立山駅前ロータリー 無電柱化プロジェクト」です。
立山観光の玄関口である立山駅周辺の電柱をなくして
美しい景観を保護しようというものです。

小谷村のようにバウチャーだけという返礼品はなく
バウチャーを含む返礼品も最低8万円からですので
モンベル目当ての方にはおすすめできませんが
立山のプロジェクトに興味のある方は
こちらから詳細をご確認ください。

富山県立山町のプロジェクト詳細を確認するにはこちら

和歌山県串本町へのふるさと納税でモンベルのポイントバウチャーをもらうには

和歌山県串本町への寄附で
モンベルのポイントバウチャーを
返礼品としてもらえるのは「ふるさとぷらす」です。

本州最南端の町である串本町では
金額別に5種類のポイントバウチャーが返礼品として
用意されています。

最低金額が50000円(15000ポイント)ですので
少しハードルが高いかもしれません。

串本町のモンベルポイントバウチャーを含む返礼品一覧はこちら

ふるさと納税でモンベルのポイントバウチャーをもらうには まとめ

現在モンベルのポイントバウチャーを返礼品としているのは
全国で以下の3つの自治体だけです。

・長野県小谷村
・富山県立山町
・和歌山県串本町

このなかでもっとも内容が充実しているのは小谷村です。
Amazonギフト券の増量など付加価値もあり
バウチャー重視の方には小谷村一択になると思います。

ところで、ふるさと納税の制度の見直しで
地場産に関係したものしか返礼品として認めない
という話も出てきていると聞きます。

もしそれが現実のものになったら
このバウチャーもなくなってしまいます。

というわけで交換するなら「今でしょ!」と
強くお勧めしたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました