2018年11月現在 ふるさと納税 返礼割合実質3割超の返礼品を送付している団体

スポンサーリンク
この記事は約2分で読めます。

先日、総務省から
「ふるさと納税に係る返礼品の送付状況についての調査結果」
という資料が公表されました。

返礼割合実質3割超」の返礼品を送付している団体数

 
資料によれば、9月1日の調査時点では
「返礼割合実質3割超」の返礼品を送付している団体数が246でしたが
今回11月1日の調査ではわずか25団体まで減りました。

わずか2カ月で10分の1まで減ったわけですから
相当なプレッシャーが総務省からかかっているものと想像します。

このままでいくと来年の春ごろまでには
すべての自治体で割合が3割以下になることも
十分考えられます。

なぜなら、通知を無視して割合を高いままにしている場合
その自治体に寄附をしても控除対象外にするという脅しが
かけられているからです。

自治体自体には特別痛みはありませんが
控除を期待して納税をした人は、その恩恵を受けられません。

地方自治体では国には逆らえないと思いますので
数少ない3割以上の返礼品をいただけるチャンスを
逃さないようにしていただきたいと思います。

実質3割超の返礼品を送付している団体

 
もっとも、そのような自治体については
本来の趣旨から外れたことをしているという批判はあります。

しかし、一利用者としては出来る限り割合が高いほうが
嬉しいのも事実です。

そこで、11月1日現在で実質3割超の返礼品を送付している
25団体の名前をご紹介します。

※自治体名をクリックすると各自治体の返礼品紹介画面に移動します。

北海道森町
八雲町
宮城県多賀城市
※年内で現在の返礼品の受付終了予定
秋田県横手市
東京都奥多摩町
新潟県三条市
加茂市
石川県志賀町
静岡県小山町
京都府宇治市
大阪府岸和田市
泉佐野市
箕面市
和歌山県高野町
香川県直島町
福岡県直方市
中間市
添田町
川崎町
赤村
福智町
上毛町
佐賀県小城市
鹿児島県南さつま市
沖縄県多良間村
タイトルとURLをコピーしました