ふるさと納税 限度額を超えたらどうなる?

ふるさと納税 限度額
この記事は約3分で読めます。

ふるさと納税をする人が増えたのは
自己負担2000円で様々な返礼品をもらえるから
なのは言うまでもないと思います。

しかし、ふるさと納税の仕組みをよく理解せずに
ネットショッピングの感覚でふるさと納税をすると
気づけば損をすることになりかねません。

ふるさと納税には限度額がある

 
どのふるさと納税サイトでも
必ず注意喚起される点として
限度額」というものがあります。

何度か同じようなことを書いていますが
ふるさと納税は
自分が今住んでいない自治体への寄附
というのが本当の姿です。

したがって
本来ならいくら寄付しても
制度上は問題ないわけです。

それなのに「限度額」があったり
寄附なのに「ふるさと納税」という理由は
何故でしょうか?

それは、ふるさと納税をすると
その寄附金から2000円を除いた額の全額を
自分が収める所得税や住民税から控除される
からなのです。

その結果、見た目上は
自分の住む自治体に収めるはずの税金が
他の自治体に移動したことになります。

だからこそ「ふるさと納税」というわけです。

ふるさと納税の限度額とは

 
下のグラフは、ふるさと納税したときの
控除額の内訳を示したものです。


出典:総務省ホームページ
(http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/jichi_zeisei/czaisei/czaisei_seido/furusato/mechanism/about.html)

グラフ内に
住民税所得割額の2割を限度」と
記載されているのがお分かりでしょうか。

これがいわゆる
ふるさと納税の限度額
にあたるものです。

「住民税所得割額」というのは
家族の条件や住んでいる自治体などの違いに加えて
医療費控除などの他の控除を他の控除を受けるなど
一人ひとりの状況に応じて金額が変わります。

そのため、各ふるさと納税サイトでは
限度額の概算をシミュレーションできるように
シミュレーターが用意されています。
(シュミレーションではないですよ!)

例:さとふる(別ウインドウで開きます)
ふるさと納税控除上限額シミュレーション

標準的な家族構成の場合の概算早見表も
同じページにありますので
よろしければご利用ください。

ふるさと納税の限度額を超えたら?

 
もし、限度額を超えて寄附をした場合は
限度額を超えた分の控除は受けられません。

例えば限度額が30000円という人が
40000円を寄付した場合は
30000-2000=28000円が控除され
残りの10000円分は控除されません。

これを「損」と考えるかどうかの判断は
お任せします。

ただし、節税目的で寄附をするのだとすれば
上記の場合10000円分は意味がないことを
ご理解いただければと思います。

ふるさと納税の仕組みは
以前こちらのページにまとめたので
お時間があればご参照ください。

ふるさと納税 控除

タイトルとURLをコピーしました