ふるさと納税の返礼品として選べるレノボのパソコンは?

ふるさと納税 パソコン
この記事は約6分で読めます。

ふるさと納税の高額な返礼品のなかでも人気の品のひとつがパソコンです。

複数のメーカーのパソコンを選べますが、レノボもそのうちのひとつです。

この記事では、ふるさと納税でもらえるレノボのパソコン全機種と、提供している自治体やふるさと納税サイトをご紹介します。

なお、還元率についてはモデルチェンジなどで算出できないものがあることと、管理人自身が還元率を算出する意味がないと考えていたことから掲載しておりません。

※ふるさと納税で選べるパソコン全機種の最新情報はこちら
ふるさと納税返礼品でもらえるパソコン最新情報!

【2020年10月】ふるさと納税の返礼品として選べるレノボのパソコン

2020年10月現在、返礼品として選べるレノボのパソコンは以下の通りです。

メーカー機種名寄附金額自治体
レノボThinkPad X1 Carbon990,000円山形県米沢市

ふるさと納税の返礼品として選べるレノボのパソコン

2020年10月現在、ふるさと納税の返礼品で選べるレノボのノートパソコン1機種をご紹介します。

以前は2,3機種選べていましたが、現在は1機種のみとなっています。

ThinkPad X1 Carbon

寄附金額:990,000円
14型大画面モバイルPCのフラッグシップモデルです。

第8世代インテルCoreプロセッサーと16GBメモリ、512GBのSSD(PCIe NVMe OPAL2.0 対応)に加え、4Kディスプレイ、LTEとハード面では考えられるものはほぼ網羅されている文字通りのフラッグシップモデルです。

こちらも3年のメーカー保証付きです。

OS:Windows 10 Home 64ビット(日本語版)
CPU:インテル Core i7-8565U
ストレージ:512GB SSD PCIe(高速SSD)
メモリ:16GB
ディスプレイ:LED バックライト 14.0型 UHD液晶
光学ドライブ:なし
カラー:黒
主なソフトウェア:Ofiiceソフトなし
無線LAN:Intel 9560 2x2AC+BT MB
その他:バックライト付き日本語キーボード、指紋認証あり、LTE対応
保証:3年 プレミアサポート&翌営業日オンサイト修理保証

ふるなびで詳細を見る

還元率を算出するには

このサイトでは現在還元率は表示しておりませんが、気になる方は、直営オンラインショップで返礼品と同一構成のモデルを作成し、その見積価格を元にして算出すると正確な数字が出せると思います。

レノボ公式オンラインショッピング

また、オンラインショップではすでに販売が終了しているモデルの場合は、価格.comの価格履歴を参照するとおおよその目安が分かります。

ふるさと納税でパソコンがもらえるふるさと納税サイト

数あるふるさと納税サイトのなかでも、パソコン本体を返礼品として扱っているサイトは以下のサイトだけになっています。

ふるなび

ふるなびといえば、パソコンを含む電化製品の返礼品が最も充実していることはふるさと納税をしたことがある方ならご存知ではないでしょうか。

ふるさと納税の返礼品になっているパソコン全機種を選ぶことができます。

ふるなびで申し込み可能なパソコンの返礼品一覧を見る

ふるさとプレミアム

ふるさとプレミアムは、ふるなびと同じく電化製品やギフト券などを積極的に取り扱っていました。

参加自治体がふるなびと比べると少ないこともあり、パソコンは長野県飯山市のマウスコンピューターのパソコンのみを選ぶことができます。

ふるさとプレミアム

楽天ふるさと納税

楽天ふるさと納税でも、神奈川県綾瀬市のサードウェーブのパソコンのみを返礼品として選べるようになりました。

楽天ふるさと納税のパソコンの返礼品一覧を見る

ふるさと納税の返礼品にレノボのパソコンが選べる自治体は?

ふるさと納税の返礼品にレノボ社製のパソコンを選べる自治体は山形県米沢市です。

山形県米沢市

山形県米沢市は山形県南部にある置賜地方最大の人口約9万人の都市です。

歴史的には、時代劇でもおなじみの伊達政宗が米沢城で生まれ、岩出山へ移転するまで支配したのち、江戸時代から明治時代の廃藩置県までは上杉氏の城下町でした。

米沢市でもっとも有名な特産品はのひとつが、和牛を代表する高級ブランドの一つである「米沢牛」ではないでしょうか。

また、NECパーソナルコンピュータ(株)の米沢事業場では、レノボブランドのパソコンも生産しており、ふるさと納税の返礼品で選べるレノボのパソコンも米沢事業場で生産されています。

米沢市に寄附を申し込みできるふるさと納税サイトは全部で5つありますが、パソコンを返礼品として選べるのはふるなび
だけです。

残りの4つは、選べる返礼品の多い順に、ふるさとチョイスauPAYふるさと納税楽天ふるさと納税三越伊勢丹ふれあい納税の各サイトとなります。

ふるさと納税でレノボのパソコンがもらえる年収は?

実質的な自己負担額2000円で、レノボのパソコンを返礼品としてもらえる年収を簡単に試算してみました。

寄附金額は99万円ですので、99万円が上限となる年収の目安をこちらのかんたんシミュレーターで試算してみました。

結果は下記の通りです。ただし、目安は給与所得者の場合で、個人事業主の場合は額が異なることをご了承ください。

家族構成独身又は共働き※1夫婦※2又は 共働き+子1人 (高校生※3)共働き+子1人 (大学生※3)夫婦+子1人 (高校生)共働き+子2人 (大学生と高校生)夫婦+子2人 (大学生と高校生)
限度額2810万円2840万円2870万円2890万円2900万円2930万円

※1:「共働き」は、ふるさと納税を行う方本人が、配偶者(特別)控除の適用を受けていないケースを指します。(配偶者の給与収入が201万6千円以上の場合)

※2:「夫婦」は、ふるさと納税を行う方の配偶者に収入がないケースを指します。(ふるさと納税を行う方本人が配偶者控除を受けている場合)

※3:「高校生」は「16歳から18歳の扶養親族」を、「大学生」は「19歳から22歳の特定扶養親族」を指します。

※4:中学生以下の子供は(控除額に影響がないため)、計算に入れる必要はありません。例えば、「夫婦子1人(小学生)」は、「夫婦」と同額になります。また、「夫婦子2人(高校生と中学生)」は、「夫婦子1人(高校生)」と同額になります。

まとめ

ふるさと納税の返礼品としてもらえるレノボのパソコンは、2020年10月現在では1機種だけになりました。

今後もレノボのパソコンが提供されるかはわかりませんので、もしご希望される場合は、手続きをお早めに済ませることをおすすめします。

最後までお読みいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました