2019年4月の楽天お買い物マラソンは16日午前1時59分まで実施中

楽天 ふるさと納税
この記事は約3分で読めます。

楽天市場恒例の「お買い物マラソン」ですが、2019年1月に引き続き、4月16日(火)1:59まで絶賛(?)開催中です。

お買い物マラソンとは

楽天市場のお買い物マラソンについては以前の記事でも書きましたが、ご存知ではない方のために、あらためて簡単に説明します。

お買い物マラソン期間中は、1店舗あたり合計1000円以上の商品を、複数の店舗で購入する購入した店舗の数が、そのままポイントの倍率になります。

例えば、6店舗で1000円以上購入すると期間中に購入した商品に付与されるポイントが6倍になります。

ひとつだけ、注意しなければならないのは、お買い物マラソンに参加するためにはエントリーが必要という点です。エントリーしないと、いくらたくさんの店舗でお買い物をしてもポイントはつきませんので、必ずエントリーしてください。

また、付与されるポイントは、10000ポイントが上限と決まっています。

下記の楽天市場内のページに詳細な説明が記載されています。事前に楽天市場内の説明ページをよく読んで、ルールを確認することをおすすめします。

お買い物マラソンの説明はこちら(楽天市場のページが開きます)

楽天ふるさと納税もお買い物マラソンの対象です!

お買い物マラソンの対象は、楽天市場内の全ショップです。楽天ふるさと納税に参加している各自治体もそれぞれ1つのショップとして対象となります

もし、お買い物マラソンの期間中に3つの自治体にふるさと納税を各1000円以上すると、もらえる楽天スーパーポイントは3倍です。

つまり、ふるさと納税をするだけでも、大量の楽天スーパーポイントをもらえるチャンスがあります。

もちろん、ワンストップ特例制度を使いたい方にとっては寄附できる自治体の数が5つまでと決まっていますので、ふるさと納税で得られる倍率の最大は5倍です。

しかし、ご自身で確定申告する方はその限りではなく、ルール的には10自治体に寄附しても問題はありません。とはいえ、1000円x10自治体の場合、いくら倍率が高いとしても寄付総額10000円でもらえるポイントは1000ポイントです。

楽天お買い物マラソンでお得に楽天スーパーポイントを貯めるコツとは

お買い物マラソンでもらえる楽天スーパーポイントの上限が10000ポイントということは、期間中の購入金額の総額も100,000円が上限となります。

となると、できるだけお得にお買い物マラソンを活用するには以下の方法が考えられます。

・楽天市場で欲しい商品をいくつか購入し、残りのショップ数を少額の楽天ふるさと納税で稼ぐ
・楽天ふるさと納税で10万円未満の返礼品からいくつか選び、残りを少額の楽天ふるさと納税で稼ぐ

いずれにせよ、ふるさと納税には限度額もありますので、どちらかというと「ショップ数稼ぎ」に低額のふるさと納税の寄附を使うのがもっとも効率的なやり方になるのではないでしょうか。

楽天お買い物マラソン向けのおすすめ返礼品は?

というわけで、ショップ数稼ぎに使える、5000円未満の楽天ふるさと納税返礼品一覧をこちらのページでご確認ください。

楽天ふるさと納税 寄付額1000円以下の返礼品一覧

楽天ふるさと納税 寄付額1001円~3000円の返礼品一覧

楽天ふるさと納税 寄付額 3001~5000円の返礼品一覧

楽天経由でのふるさと納税ではポイントで寄附できたり、寄附でポイントがもらえるという仕組みになっていますが、Amazonギフト券など金券類については、総務省から問題視されていることを考えると、6月1日以降どのように変更されるかわかりません。

同じ寄付をするのであれば、仕組みが変わってしまう前に有利な条件で寄附してしまうことをおすすめします。


楽天ふるさと納税

関連リンク

楽天市場のお買い物マラソンで
お得にふるさと納税をしよう!

楽天スーパーセール中は
楽天ふるさと納税がお得!

タイトルとURLをコピーしました