ふるさと納税の返礼品でもらえるプリンター&複合機最新情報

ふるさと納税 パソコン
この記事は約18分で読めます。

ふるさと納税の数ある返礼品のなかでも人気かつ高額なのがパソコンですが、高額なために誰でも気軽に申し込める返礼品ではないとも言えます。

しかし、パソコンの周辺機器であれば比較的寄附金額が安いものもあります。

この記事では、パソコン関連機器のなかから「プリンター」と「複合機」の返礼品について、機種の違いや選びかたやおすすめの機種など、どのサイトよりも詳しい最新情報をお伝えします。

【2021年1月】ふるさと納税でもらえるプリンター・複合機リスト

2021年1月現在、ふるさと納税でもらえるプリンター・複合機は以下の通りです。

群馬県昭和村が提供しているキヤノン製のインクジェット複合機およびレーザープリンターに、先日から福島県福島市のインクジェットプリンターが加わりました。

キヤノンを「キャノン」と書くのは間違いです。読み方は「キャノン」ですが書くときの「ヤ」は大文字表記が正しいです。(友人の社員に訂正されました)

機種名をクリックすると各機種の詳細をご覧いただけます。

インクジェット複合機

機種名寄附金額
PIXUS TS3330(ホワイト/ブラック)(売り切れ)20000円
PIXUS TS5330(ホワイト/ブラック/ピンク)40000円
PIXUS TS6330(ホワイト/ブラック)60000円
PIXUS TS7430(ホワイト/ブラック/ネイビー)70000円
PIXUS iX6830102000円
PIXUS TS8430(ホワイト/ブラック/レッド)120000円
PIXUS TR9530(ホワイト/ブラック)120000円
PIXUS XK90150000円
PIXUS XK70150000円

レーザープリンター

機種名寄附金額
A4モノクロレーザープリンター Satera LBP16150000円
A3カラーレーザープリンター Satera LBP841C250000円

プリンター・複合機の選びかた教えます

プリンターも複合機も、印刷するという機能は共通ですが、複合機って何?という方もいらっしゃるかもしれません。

また、印刷方式には「インクジェット」と「レーザー」の違いもあります。

ここではプリンターと複合機の違い、インクジェットとレーザーの違い、それを踏まえた機種の選び方についてまとめます。

プリンターと複合機の違い

プリンター:印刷専用の機械です。印刷以外のことはできません
複合機:印刷以外にもコピーやスキャンなどができる機械です

複合機について、別の言い方をすると「印刷もできるコピー機」または「コピーもできるプリンター」です。

もう少し細かく説明すると、プリンターとの一番の違いは本体にスキャナーが装備されていることです

スキャナーがついていることで、コピーやスキャンが一台でできるようになっています。電話回線と接続できるものはファクスも使えますが、家庭用の複合機でファクスが使えるものは少なくなっています。

コンビニに置かれているコピー機でUSBメモリやSDカードから印刷したことがある方も多いのではないでしょうか。あのコピー機と同じように印刷もできるコピー機が、複合機だと思っていただければ分かりやすいと思います。

インクジェットとレーザーの違い

インクジェットとレーザーの違いは印刷方式の違いですが技術的な話は難しいのでここではしません。

レーザーは印刷速度が早く一枚当たりの印刷コストもインクジェットより安いです。

逆に本体、消耗品であるトナーカートリッジの価格はインクジェットよりも高額になります

また、トナーカートリッジは家庭用ごみとして廃棄できないので、メーカーに送付するなどメンテナンスが若干面倒です

家庭用で使用する場合、レーザープリンターがおすすめなのは、一ヶ月に数千枚以上印刷することがある方くらいです。

機種選びのポイント

プリンター・複合機を購入するときのポイントには以下があります。

本体価格と印刷コスト

本体価格が高い機種は一枚当たりの印刷コストは安く、逆に本体が安い機種は印刷コストは高くなっています

1ヵ月で100枚以上も印刷するような方は印刷コストが安い機種を選ぶほうが本体価格が多少高くてもお得になる可能性が高いです。

印刷速度

今回ご紹介するキヤノンの複合機では機種によって最大5倍程度の差があります。一日に数百枚も印刷することがある方は、できるだけ速度の速い機種を選ぶことをおすすめします。

画質

高価な機種では使用するインクの色数が多く、より細かい色表現が可能になっています。

ただ、写真やアートなどでこだわりがなければ、安価な機種でも問題ないレベルになっていると個人的には思います。

本体サイズ

いざ実物が届いて置き場所がなかった、なんてことがないように、本体サイズにあった置き場所を用意するためにも忘れずにチェックしてください。

なお、キヤノンのホームページには3つまで機種を選んで仕様を比較できるページがあります。詳細に調べたい場合は、ぜひ、こちらを参照して自分の気になるポイントを比較してください。
キヤノン インクジェットプリンター商品比較表

使い方別「プリンター・複合機」ふるさと納税おすすめ返礼品

現在、ふるさと納税で選べるプリンター、複合機は11機種(色違いを別機種と数えると18機種)あります。

そのなかから、使いかたにあわせたおすすめの機種をご紹介します。
機種名をクリックすると機種の説明が見られます。

・とにかく寄附金額を抑えたい
 →PIXUS TS3330
・画質にはとことんこだわりたい
 →PIXUS XK90PIXUS XK70
・写真も普通紙も印刷速度が速いものがよい
 →PIXUS XK90
・できるだけインク交換なしで印刷コストを抑えたい
 →PIXUS XK90PIXUS XK70
・価格と性能のバランスがよいものがよい
 →PIXUS TS6330(ホワイト/ブラック)
・有線LANで接続したい
 →PIXUS XK70PIXUS TR9530(ホワイト/ブラック)PIXUS iX6830
・A3サイズの紙にも印刷したい
 →PIXUS TR9530(ホワイト/ブラック)PIXUS iX6830

ふるさと納税でもらえるプリンター全機種紹介

それでは、現在ふるさと納税の返礼品としてもらえるすべてのプリンター・複合機を種類別にご紹介します。

インクジェット複合機

かつてはプリンターの二大メーカーであるキヤノン、エプソンともに返礼品を提供していましたが、現在は群馬県昭和村と福島県福島市の返礼品としてキヤノン製品のみ選ぶことができます。

インクジェットは福島市の一台を除いてすべて複合機モデルになっています。

また、2020年秋冬の最新モデルも追加されています。

PIXUS TS3330


寄附金額:20,000円

コンパクトサイズで置き場所を選ばないシンプルなA4用紙対応の複合機です。4色インクでWi-Fiにも対応しています。

本体色はホワイトとブラックの2色から選べます。

■主な仕様
インク:4色
最高解像度(dpi):4800(横)×1200(縦)
外形寸法(W×D×H):約435×316×145(mm)(トレイ類/突起部を含まず)
質量(プリントヘッド、インクタンクを含む):約3.9kg

■印刷スピード(1枚の印刷時間)
・L判フチなし写真(カラー):約52秒
・A4普通紙:カラー 約4.0ipm、モノクロ 約7.7ipm

■印刷コスト
・L判フチなし写真のインク・用紙合計コスト (税込)
キヤノン写真用紙・光沢 ゴールド:約21.7円(大容量)/約28.1円(標準容量)
・A4普通紙(カラー文書)のインクコスト(税込)
普通紙:約14.1円(大容量)/約20.2円(標準容量)

※2020年分の受付は終了しています
詳細を見る(ホワイト)

詳細を見る(ブラック)

PIXUS TS5330


寄附金額:40,000円

スマホフレンドリー」でスマホ画面を操作パネルとして代用することで本体のパネルを小さくしてスマートなデザインを実現しました。

スマートスピーカー対応で声でプリントができたり、自動両面印刷により用紙コストを節約できたりと豊富な機能がついています。

本体色をホワイト、ブラック、ピンクから選べます。

■主な仕様
インク:4色
最高解像度(dpi):4800(横)×1200(縦)
外形寸法(W×D×H):約403×315×148(mm)(トレイ類/突起部を含まず)
質量(プリントヘッド、インクタンクを含む):約6.3kg

■印刷スピード(1枚の印刷時間)
・L判フチなし写真(カラー):約36秒
・A4普通紙:カラー 約6.8ipm、モノクロ 約13.0ipm

■印刷コスト
・L判フチなし写真のインク・用紙合計コスト (税込)
キヤノン写真用紙・光沢 ゴールド:約25.3円(大容量)/約29.5円(標準容量)
・A4普通紙(カラー文書)のインクコスト(税込)
普通紙:約16.8円(大容量)/約22.7円(標準容量)

詳細を見る(ブラック)

詳細を見る(ホワイト)

詳細を見る(ピンク)

PIXUS TS6330


寄附金額:60,000円

5色それぞれ一本ずつ交換できる独立型インクタンクを採用したスタンダードモデルのA4対応複合機です。

カセットとはがきや名刺の印刷に便利な背面トレイの2ヵ所に用紙をセットできます。

印刷スピードは上位機に迫る速さで、コストと性能のバランスが優れているモデルです。

■主な仕様
インク:5色(独立インクタンク)
最高解像度(dpi):4800(横)×1200(縦)
外形寸法(W×D×H):約435×316×145(mm)(トレイ類/突起部を含まず)
質量(プリントヘッド、インクタンクを含む):約3.9kg

■印刷スピード(1枚の印刷時間)
・L判フチなし写真(カラー):約18秒
・A4普通紙:カラー 約10.0ipm、モノクロ 約15.0ipm

■印刷コスト
・L判フチなし写真のインク・用紙合計コスト (税込)
キヤノン写真用紙・光沢 ゴールド:約17.3円(大容量)/約23.7円(標準容量)/
約26.1円(小容量)
・A4普通紙(カラー文書)のインクコスト(税込)
普通紙:約9.6円(大容量/標準容量)/約14.2円(小容量)

詳細を見る(ブラック)

詳細を見る(ホワイト)

PIXUS TS7430


寄附金額:70,000円

2020年秋冬の新モデルです。ステータスバーが美しい左右非対称な独特の「スタイリッシュデザイン」が特徴の複合機です。5色独立インクタンクを採用して経済的に使用できます。

本体ディスプレイに表示されるQRコードをスマホで読み取るだけで簡単接続できたり、スマホから直接プリントできたりとスマホ連携に特徴を持つモデルです。

■主な仕様
インク:5色(独立インクタンク)
最高解像度(dpi):4800(横)×1200(縦)
外形寸法(W×D×H):約376×359×141(mm)(トレイ類/突起部を含まず)
質量(プリントヘッド、インクタンクを含む):約6.3kg

■印刷スピード(1枚の印刷時間)
・L判フチなし写真(カラー):約18秒
・A4普通紙:カラー 約10.0ipm、モノクロ 約15.0ipm

■印刷コスト
・L判フチなし写真のインク・用紙合計コスト (税込)
キヤノン写真用紙・光沢 ゴールド:約17.3円(大容量)/約23.7円(標準容量)/
約26.1円(小容量)
・A4普通紙(カラー文書)のインクコスト(税込)
普通紙:約9.6円(大容量/標準容量)/約14.2円(小容量)

詳細を見る(ブラック)

詳細を見る(ホワイト)

詳細を見る(ネイビー)

PIXUS iX6830



寄附金額:102,000円

画質とコスト、利便性のバランスが取れたA3用紙対応のスタンダードビジネスモデルです。

インクジェットでは現在唯一の単機能の「プリンター」です。

特大容量サイズのインクカートリッジが使用できるので、A4サイズのモノクロ印刷では1枚当たり約3円という低コストを実現しています。

また無線LANはもちろん、有線LANにも対応しています。

モノクロ印刷が多いビジネス用途に最適なプリンターです。

■主な仕様
インク:5色(独立インクタンク)
最高解像度(dpi):9600(横)×2400(縦)
外形寸法(W×D×H):約584×310×159(mm)(トレイ類/突起部を含まず)
質量(プリントヘッド、インクタンクを含む):約8.1kg

■印刷スピード(1枚の印刷時間)
・L判フチなし写真(カラー):約30秒

■印刷コスト
・L判フチなし写真のインク・用紙合計コスト (税込)
キヤノン写真用紙・光沢 ゴールド:約17.4円(大容量)/約22.3円(標準容量)
・A4普通紙(カラー文書)のインクコスト(税込)
普通紙:約9.5円(大容量)/約12.2円(標準容量)
・A4普通紙(モノクロ文書)のインクコスト(税込)
普通紙:約3.0円(特大容量)/約3.5円(大容量)/約4.4円(標準容量)

※公式ホームページでは「税抜」表示になっていますが、他機種との比較のため管理人が消費税込み(1.1倍)に換算した数値を記入しています。

詳細を見る

PIXUS TS8430


寄附金額:120,000円

2020年秋冬の新モデルです。
コンパクトサイズのボディに充実の機能を搭載し、Wi-Fi機能を強化した高画質ハイスペックモデルです。

グレーインクを含む6色独立インクを採用し豊かな表現力と経済性を両立しています。

ボディカラーはブラック、ホワイト、レッドの3色から選べます。

■主な仕様
インク:6色(独立インクタンク)
最高解像度(dpi):4800(横)×1200(縦)
外形寸法(W×D×H):約373×319×141(mm)(トレイ類/突起部を含まず)
質量(プリントヘッド、インクタンクを含む):約6.6kg

■印刷スピード(1枚の印刷時間)
・L判フチなし写真(カラー):約18秒
・A4普通紙:カラー 約10.0ipm、モノクロ 約15.0ipm

■印刷コスト
・L判フチなし写真のインク・用紙合計コスト (税込)
キヤノン写真用紙・光沢 ゴールド:キヤノン写真用紙・光沢 ゴールド:約18.1円(大容量)/約19.4円(標準容量)/約27.9円(小容量)
・A4普通紙(カラー文書)のインクコスト(税込)
普通紙:約9.9円(大容量/標準容量)/約14.8円(小容量)

詳細を見る(ブラック)

詳細を見る(ホワイト)

詳細を見る(レッド)

PIXUS TR9530


寄附金額:120,000円

ADF(自動原稿送り装置)を搭載し、A3用紙にも印刷できる有線LANにも対応したコンパクト複合機です。

A3用紙に印刷できるのでインパクトのある販促物がつくれます。

本体色はブラックとホワイトの2色から選べます。

■主な仕様
インク:5色(独立インクタンク)
最高解像度(dpi):4800(横)×1200(縦)
外形寸法(W×D×H):約468×366×193(mm)(トレイ類/突起部を含まず)
質量(プリントヘッド、インクタンクを含む):約9.7kg

■印刷スピード(1枚の印刷時間)
・L判フチなし写真(カラー):約18秒
・A4普通紙:カラー 約10.0ipm、モノクロ 約15.0ipm

■印刷コスト
・L判フチなし写真のインク・用紙合計コスト (税込)
キヤノン写真用紙・光沢 ゴールド:約17.3円(大容量/標準容量)/約23.7円(小容量)
・A4普通紙(カラー文書)のインクコスト(税込)
普通紙:約9.6円(大容量/標準容量)/約14.2円(小容量)

詳細を見る(ブラック)

詳細を見る(ホワイト)

PIXUS XK90


寄附金額:150,000円

2020年秋冬新モデルです。
高速Wi-Fi(5GHz)を搭載し、プレミアム6色ハイブリットインクによる美しい作画品質と印刷コスト削減を実現した最新のプレミアムハイスペックモデルです。

外観デザインは、金属のような輝きのメタリックシルバーをテーマカラーに細部まで徹底してこだわっています。

■主な仕様
インク:6色(独立インクタンク)
最高解像度(dpi):4800(横)×1200(縦)
外形寸法(W×D×H):約373×319×141(mm)(トレイ類/突起部を含まず)
質量(プリントヘッド、インクタンクを含む):約6.6kg

■印刷スピード(1枚の印刷時間)
・L判フチなし写真(カラー):約10秒
・A4普通紙:カラー 約10.0ipm、モノクロ 約15.0ipm

■印刷コスト
・L判フチなし写真のインク・用紙合計コスト (税込)
キヤノン写真用紙・光沢 ゴールド:約12.5円(大容量)/約14.8円(標準容量)
・A4普通紙(カラー文書)のインクコスト(税込)
普通紙:約5.7円(大容量)/約7.1円(標準容量)

詳細を見る

PIXUS XK70


寄附金額:150,000円

画質とコストを高次元で両立したプレミアムフラグシップモデルです。

大型の操作画面は角度を自由に調整でき、感度の高い5.0型タッチパネルは軽いタッチで操作できます。

■主な仕様
インク:6色(独立インクタンク)
最高解像度(dpi):4800(横)×1200(縦)
外形寸法(W×D×H):約372×324×140(mm)(トレイ類/突起部を含まず)
質量(プリントヘッド、インクタンクを含む):約6.7kg

■印刷スピード(1枚の印刷時間)
・L判フチなし写真(カラー):約14秒
・A4普通紙:カラー 約10.0ipm、モノクロ 約15.0ipm

■印刷コスト
・L判フチなし写真のインク・用紙合計コスト (税込)
キヤノン写真用紙・光沢 ゴールド:約12.5円(大容量)/約14.8円(標準容量)
・A4普通紙(カラー文書)のインクコスト(税込)
普通紙:約5.7円(大容量)/約7.1円(標準容量)

詳細を見る

レーザープリンター

レーザープリンターも、群馬県昭和村の返礼品であるキヤノン製品のみ選ぶことができます。

A4モノクロレーザープリンター Satera LBP161


寄附金額:50,000円

片面28枚/分の高速プリントを実現。
省スペース設計で置き場所を選ばない、自由度の高いA4モノクロコンパクトプリンターです。
無線LANには対応していないのでご注意ください。

■主な仕様
印刷速度:片面28枚/分
最高解像度(dpi):2400dpi相当
外形寸法(W×D×H):371×404×225(mm)(トレイ類/突起部を含まず)
質量(カートリッジを除く):約7kg

■印刷スピード
・ファーストプリント:5.2秒
・連続印刷:モノクロ 28枚/分

ファーストプリントとは、プリンターがデータを受信し始めてから1枚目の排出が完了するまでの時間のことです。

■印刷コスト
大容量カートリッジ使用時:モノクロ3.5円

詳細を見る

A3カラーレーザープリンター Satera LBP841C


寄附金額:250,000円

カラー・モノクロどちらも26枚/分の高速印刷を実現すると同時に、モノクロ2.8円、カラー11.1円の低ランニングコストも実現したA3対応のカラープリンターです。

■主な仕様
印刷速度:カラー/モノクロ A4:26枚/分、A3:15枚/分
最高解像度(dpi):2400dpi相当
外形寸法(W×D×H):545×591×361(mm)(トレイ類/突起部を含まず)
質量(カートリッジを除く):約34kg

■印刷コスト
大容量トナー使用時:カラー 11.1円、モノクロ 2.8円

詳細を見る

ふるさと納税でプリンターがもらえるふるさと納税サイト

この記事でご紹介している返礼品を扱っているサイトは以下のとおりです。

楽天ふるさと納税

楽天ふるさと納税では、一部自治体で調理器具などの白物家電やプリンターなどの電化製品を選ぶことができます。

パソコン関連機器では、群馬県昭和村がキヤノン製プリンターとスキャナーを返礼品として提供しています。

楽天ふるさと納税でもらえるプリンター一覧を見る

ふるなび

ふるなびは、選べる電化製品の返礼品の種類がもっとも多いサイトですが、プリンターに関しては現在選べるのは福島市の返礼品一種類だけです。

ふるなびでもらえるプリンター一覧を見る

ふるさと納税でプリンターをもらうために必要な年収とは?

今回ご紹介したプリンターをもらうために必要な寄附金額は20,000円~250,000円です。

一番低い寄附金額が2万円の場合に、自己負担を2000円で済ませるためには、ご自身の寄附限度額が2万円を超えている必要があります。

限度額が2万円を超えるために必要な年収の目安をこちらのかんたんシミュレーターで試算してみました。

結果は下記の通りです。ただし、目安は給与所得者の場合で、個人事業主の場合は額が異なることをご了承ください。

限度額独身又は共働き※1夫婦※2又は 共働き+子1人 (高校生※3)共働き+子1人 (大学生※3)夫婦+子1人 (高校生)共働き+子2人 (大学生と高校生)夫婦+子2人 (大学生と高校生)
2万円227万円286万円307万円344万円365万円415万円
25万円1194万円1244万円1257万円1279万円1292万円1327万円

※1:「共働き」は、ふるさと納税を行う方本人が、配偶者(特別)控除の適用を受けていないケースを指します。(配偶者の給与収入が201万6千円以上の場合)

※2:「夫婦」は、ふるさと納税を行う方の配偶者に収入がないケースを指します。(ふるさと納税を行う方本人が配偶者控除を受けている場合)

※3:「高校生」は「16歳から18歳の扶養親族」を、「大学生」は「19歳から22歳の特定扶養親族」を指します。

※4:中学生以下の子供は(控除額に影響がないため)、計算に入れる必要はありません。例えば、「夫婦子1人(小学生)」は、「夫婦」と同額になります。また、「夫婦子2人(高校生と中学生)」は、「夫婦子1人(高校生)」と同額になります。

まとめ

ふるさと納税の返礼品としてもらえるプリンターはキヤノン製に限られています。

もし希望とマッチする製品を見つけたら早めに手続きをすることをおすすめします。

このサイトでは、プリンターの返礼品情報をこれからも追っていきますので時々チェックしていただければ幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました