ふるさと納税返礼品でもらえるパソコン最新情報!

ふるさと納税 パソコン
この記事は約18分で読めます。

ふるさと納税の人気返礼品のひとつであるパソコンは、今月もノートパソコンを中心に複数の機種から選ぶことができます。

そこで、2021年10月現在、返礼品としてもらえるパソコン全機種をご紹介します。

なお、還元率についてはモデルチェンジやふるさと納税向けの特注品で市場価格が不明なものがあることなど、正確な割合を算出することが難しいため掲載しておりません。

ふるさと納税でもらえるパソコン一覧【2021年10月】

現在、返礼品として選べるパソコンをメーカー別に整理しました。

VAIO

VAIOブランドのパソコンは、現在はパソコン部門を分離独立して発足したVAIO株式会社製に変わりましたが、今も人気のあるブランドのひとつです。

機種名寄附金額自治体
VAIO SX12(core i5モデル)(2020年10月発売モデル)630,000円長野県安曇野市
VAIO SX14(Full HD Core i5モデル)(2020年10月発売モデル)700,000円長野県安曇野市
VAIO SX14(4K Core i7モデル)(2020年モデル)990,000円長野県安曇野市
VAIO SX14(4K Core i7ハイエンドモデル)(2020年10月発売モデル)1,300,000円長野県安曇野市
VAIO Z1,660,000円長野県安曇野市
VAIO Z(ハイエンドモデル)1,990,000円長野県安曇野市

こちらの記事もあわせてご覧ください。
ふるさと納税の返礼品として選べるVAIOのパソコンは?

マウスコンピューター

乃木坂46のCMでおなじみのマウスコンピューターは、高機能、低価格で一般用やビジネス用はもちろん、ゲーミング用パソコンなど、幅広く人気を集めています。

ノートパソコン、デスクトップ、タブレット(2in1)と様々なタイプが選べるのもうれしいところです。

機種名寄附金額自治体
2in1タブレットPC「mouse E10-IIYAMA」173,000円長野県飯山市
15.6型ノートPC「mouse F5-celeron-IIYAMA」209,000円長野県飯山市
14型ノートPC「mouse C4-IIYAMA」210,000円長野県飯山市
11.6型ノートPC「C1-celGLK-A-IIYAMA」(準備中)228,000円長野県飯山市
15.6型ノートPC「MousePro-NB510C2-IIYAMA」264,000円長野県飯山市
17.3型ノートPC「mouse F7-i3-IIYAMA」279,000円長野県飯山市
15.6型ビジネスノートPC「mouse B5-R5-IIYAMA」279,000円長野県飯山市
15.6型ノートPC「mouse F5-celeron-B-IIYAMA」(office付属モデル)297,000円長野県飯山市
14型ノートPC「C4-B-IIYAMA」297,000円長野県飯山市
15.6型ノートPC「F5-i5-IIYAMA」297,000円長野県飯山市
14型ノートPC「mouse X4-R5-IIYAMA」340,000円長野県飯山市
15.6型ノートPC「MousePro-NB510C2-B-IIYAMA」(office付属モデル)349,000円長野県飯山市
17.3型ノートPC「mouse F7-i3-B-IIYAMA」(office付属モデル)370,000円長野県飯山市
15.6型ビジネスノートPC「mouse B5-R5-B-IIYAMA」(office付属モデル)370,000円長野県飯山市
15.6型ノートPC「mouse F5-i5-B-IIYAMA」(office付属モデル)410,000円長野県飯山市
14型ノートPC「mouse X4-R5-B-IIYAMA」(office付属モデル)425,000円長野県飯山市
17.3型ノートPC「K7-i7CMLCB-IIYAMA」488,000円長野県飯山市
15.6型ノートPC「G-Tune E5-165-CML-B-IIYAMA」715,000円長野県飯山市
15.6型ノートPC「G-Tune H5-CMLBA-B-IIYAMA」855,000円長野県飯山市
ゲーミング向けデスクトップ「G-Tune PN-Z390-IIYAMA」(準備中)598,000円長野県飯山市

各機種の詳細はこちらの記事をご覧ください。
ふるさと納税の返礼品として選べるマウスコンピューターのパソコン/タブレットは?

NEC

40代以上の方ならNECといえば「PC-98」シリーズの印象が強いと思います。私が初めて購入したパソコンも、実はPC-98シリーズでした。

現在は家庭用パソコンとして「LAVIE」ブランドを展開しており「98」という名前は残っていません。

ふるさと納税では、LAVIEブランドのノートパソコンが選べます。

機種名寄附金額自治体
2020年夏モデル LAVIE Direct N15(A) (オフィスアプリ無)249,000円山形県米沢市
2021年春モデル LAVIE Direct N11 (オフィスアプリなし)250,000円山形県米沢市
2020年夏モデル LAVIE Direct N15(A) (オフィスアプリ付)315,000円山形県米沢市
2021年春モデル LAVIE Direct N11 (オフィスアプリあり)325,000円山形県米沢市
LAVIE Direct N15(A) 2020年夏モデル(オフィスアプリ無)350,000円山形県米沢市
LAVIE Direct N15(A) 2020年夏モデル(オフィスアプリ有)400,000円山形県米沢市
2020年春モデル LAVIE Direct NS(Core i3 2.1GHz、メモリ8GB搭載)454,000円山形県米沢市
LAVIE Direct N15 2020年夏モデル460,000円山形県米沢市
【2021春モデル】LAVIE Direct N14490,000円山形県米沢市
2020年春モデル LAVIE Direct NS(Core i7 1.8GHz、メモリ12GB搭載)547,000円山形県米沢市
【2020年夏モデル】LAVIE Direct N15®550,000円山形県米沢市
【2021年春モデル】LAVIE Direct N12(パールホワイト)600,000円山形県米沢市
【2021年春モデル】LAVIE Direct N12(パールブラック)600,000円山形県米沢市
【2021年春モデル】LAVIE Direct N15700,000円山形県米沢市
2021年夏モデル LAVIE Direct PM(X)723,000円山形県米沢市
【2021春モデル】LAVIE Direct PM960,000円山形県米沢市

各機種の詳細はこちらの記事をご覧ください。
ふるさと納税の返礼品として選べるNECのパソコンは?

レノボ

レノボは香港に本店を置くパソコンメーカーですが、2004年にIBMのPC部門を買収し、IBMを代表するブランドだった「ThinkPad」も引き継ぎました。

日本で販売されているレノボブランドのパソコンは、レノボ・ジャパングループのNECパーソナルコンピュータ(株)の米沢事業所(山形県米沢市)で開発・製造されています。

2021年10月現在、ふるさと納税でもらえるレノボのパソコンはありません。

こちらの記事も併せてご覧ください。
ふるさと納税の返礼品として選べるレノボのパソコンは?

エプソンダイレクト

エプソン製品の公式通販サイトがエプソンダイレクトです。エプソン製のパソコンは店舗での扱いが少なく、東北、九州、北海道では取扱店舗がありません。

他地域では、関東はビックカメラ、それ以外はエディオンのみで、見積もりや注文が可能です。

機種名寄附金額自治体
Endeavor NA710E Corei5モデル470,000円長野県喬木村
Endeavor AT997AZM1490,000円長野県安曇野市
Endeavor AT997AZM2620,000円長野県安曇野市
Endeavor SG100AZM11,000,000円長野県安曇野市

各機種の概要はこちらの記事もご覧ください。
ふるさと納税の返礼品として選べるエプソンダイレクトのパソコンは?

サードウェーブ

サードウェーブは中古PCの買取販売で知られる「ドスパラ」の運営会社で、現在は新品のパソコンも開発・製造・販売しています。

ノート、デスクトップ、スティック型にタブレットとマウスコンピューターと同じく複数のタイプのパソコンから選べます。

機種名寄附金額自治体
14インチスリムノートPC「VF-AD4」120,000円神奈川県綾瀬市
スティック型パソコン「Diginnos Stick DG-STK5S」132,000円神奈川県綾瀬市
デスクトップパソコン「Magnate IM」216,000円神奈川県綾瀬市
8インチお絵かきタブレット「raytrektab RT08WT」128,000円神奈川県綾瀬市

各機種の概要はこちらの記事をご覧ください。
ふるさと納税の返礼品として選べるサードウェーブのパソコンは?

富士通

かつて、NECのPC-88、98シリーズと並ぶ国産パソコンの代表だった「FMシリーズ」を製造していたのが富士通です。

現在はFMという名称はなくなりましたが、大手PCメーカーとして、バラエティに富んだ商品をそろえています。

ふるさと納税でもタブレット、ノート、デスクトップと選べます。

機種名寄附金額自治体
arrows Tab WQ2/F1(防水・防塵タブレット)370,000円島根県出雲市
LIFEBOOK WU2/E3(Core-i3・128GB)450,000円島根県出雲市
ESPRIMO WF1/F1(Core-i3,1TBHDD)510,000円島根県出雲市
LIFEBOOK WU3/F1(Core-i5・タッチ対応)650,000円島根県出雲市
LIFEBOOK WU-X/E3 (Core-i7・1TB)880,000円島根県出雲市
ESPRIMO WF-X/E2(4K・ハイレゾ・27型液晶)980,000円島根県出雲市
LIFEBOOK WU-X/E3 (Core-i7・2TB)1,080,000円島根県出雲市

受付終了前に返礼品として提供されていたパソコンについては、こちらの記事をご覧ください。
ふるさと納税の返礼品として選べる富士通のパソコンは?

パナソニック

ノートパソコンなら「レッツノート」というほど、根強いファンを持つパナソニックのノートパソコンシリーズ「レッツノート」ですが、現在はふるさと納税の返礼品として選べるものはありません。

概要はこちらの記事をご覧ください。
ふるさと納税の返礼品として選べるパナソニックのパソコンは?

フロンティア

フロンティアはもともと山口県柳井市に本社を置いていた株式会社KOUJIRO(フロンティア神代)によって製造されていたBTOパソコンのブランド名でした。

現在はヤマダ電機の100%子会社であるインバースネット株式会社がKOUJIROから事業を継承して運営していますが、拠点は今も柳井市に置かれており、柳井市の工場で生産されています。

機種名寄附金額自治体
FRNLC3222HHB スタンダードノートパソコン437,000円山口県柳井市
FRNLC3222PHB スタンダードノートパソコン455,000円山口県柳井市
FRNLC5222HHB スタンダードノートパソコン462,000円山口県柳井市
FRNLC5222PHB スタンダードノートパソコン481,000円山口県柳井市
FRNLC5223HHB スタンダードノートパソコン481,000円山口県柳井市
FRNLC5223PHB スタンダードノートパソコン499,000円山口県柳井市
FRNLC7222HHB スタンダードノートパソコン506,000円山口県柳井市
FRNLC7222PHB スタンダードノートパソコン521,000円山口県柳井市
FRNLC7223HHB スタンダードノートパソコン525,000円山口県柳井市
FRNLC7223PHB スタンダードノートパソコン543,000円山口県柳井市

各機種の概要はこちらの記事をご覧ください。
ふるさと納税の返礼品として選べるフロンティアのパソコンは?

どの機種がいい?おすすめのパソコンの選び方

ふるさと納税で選べるパソコンがこれだけあるなかで、どの機種を選ぼうか迷われたときにおすすめのパソコンの選び方をご紹介します。

使い方に合わせてパソコンの種類を決める

最初に決めるのは、パソコンの種類です。

大きく分けてデスクトップ、ノート、タブレットのなかから、どの種類のパソコンがご自身が予定している使い方にあっているのかを考えます。

家やオフィスで決まって置ける場所があり、持ち運びを考える必要がないなら、コストパフォーマンス的にはデスクトップがおすすめです。

デスクトップは、キーボードやディスプレイがノートよりも大きなサイズになるので、パソコンの操作に慣れていない方にもおすすめです。

逆に、家の内外で持ち運んで使いたい場合は、ノートパソコンかタブレットのどちらかになります。

外でもキーボードを使って仕事に使いたければノートパソコンがおすすめですし、ウェブサイトや動画、文書の閲覧程度でよければタブレットがコンパクトで持ち運びも楽なのでおすすめです。

ノートパソコンの場合はディスプレイサイズを決める

ノートパソコンでは、ディスプレイサイズを決める必要があります。

ディスプレイサイズは10.1~17.3インチまで幅広く揃っていますが、パソコン自体のサイズはディスプレイに左右されるので、主な使い方を決めればサイズは自然に決まってきます。

持ち運び前提のモバイル用途を考えると、大きさと重量を考慮して14.1インチ程度が上限だと思います。

15.6型でも持ち運びできないわけではありませんが、重量があるのと大抵のバッグに収まらないのでおすすめはできません。

CPUを決める

次はCPUのグレードを決めます。グレードが高いものほど処理速度が速くなります。

今から新しくパソコンを入手するなら、できれば、Intel Core i5以上のCPUを選ぶことをおすすめします

ウェブサイトや動画の閲覧が中心ならCeleronでよいと言われますが、実際には起動にも様々な処理にもCore i5シリーズなど上位のCPUと比べると、体感速度も大きく違います。

ですので、予算が許すならCore i5以上のCPUを搭載するパソコンがおすすめです。

メモリを決める

メモリもパソコンの処理速度に大きく影響する部品の一つで、容量が大きいほど一度に実行できる作業量が増えます。

安いPCでは4GBのものがありますが、何をやってもストレスを感じる場面があると思います。

ですので、最低でも8GBは欲しいところです。

ストレージを決める

データを記憶しておくためのストレージは大きいに越したことはありません。

しかし、ノートパソコンの場合は容量が大きいと価格がとても高くなるため、サブマシンとして文書やインターネットの閲覧が主な使い方になる場合は、64GBでも大丈夫だと思います。

もし、大容量が必要ならコンパクトタイプの外付けハードディスクを用意するほうが経済的です。
外付けハードディスクもふるさと納税で選べます

ふるさと納税で選べる外付けハードディスクを探す

付属ソフトウェアを決める

ふるさと納税の返礼品になっているパソコンには、Microsoft Officeあるいはその互換ソフト(オフィス系ソフト)があらかじめインストールされているものがあります。

いくつかの返礼品では、オフィスソフトの有無を選ぶことができます。

当然、オフィスソフト付きのほうが当然寄附金額は高くなりますし、差額は後からOfficeを購入するよりも大きくなりますが、インストールが面倒だったりやり方がよくわからなかったりするときは、あらかじめインストールされたものを選ぶとよいと思います。

還元率が気になる方向けの算出方法

還元率が気になる方は、下記各メーカーの直営オンラインショップで返礼品と同一構成のモデルを作成し、その見積価格を元にして算出すると正確な数字が出せます。

また、オンラインショップではすでに販売が終了しているモデルの場合は、価格.comの価格履歴を参照するとおおよその目安が分かります。

ソニーストアicon
マウスコンピューター
NEC Direct(NECダイレクト)
レノボ公式オンラインショッピング
エプソンダイレクト
ドスパラ
富士通 WEB MART
レッツノート 公式ストア
フロンティアオンラインショップ

ふるさと納税でパソコンがもらえるふるさと納税サイト

ふるさと納税の認知度が高くなるにつれて、ふるさと納税サイトの数も増え、大小合わせるとすべての数を把握できないほどになっています。

しかし、パソコンや周辺機器を返礼品として扱っているサイトは限られています。

主なサイトは以下の通りです。

ふるなび

ふるなびは総務省による返礼品の見直しを促す通知によって、電化製品やギフト券などが次々にふるさと納税サイトから消えていく中でも、取り扱いを続けていました。

現在は地元の工場生産であれば、地場産品と認められるようになったのか、電化製品の返礼品は増えてきていますが、新しいパソコンや家電製品の返礼品を探すなら、まずは「ふるなび」を探すのが一番です。

ふるなびでは、ふるさと納税の返礼品になっているパソコンのうちフロンティア以外のパソコンを選べます。

ふるなびで申し込み可能なパソコンの返礼品一覧を見る


ふるなびでは、秋の特×特キャンペーンを10月10日まで実施しています。

事前エントリー&寄附で最大寄附金額の7%相当の「ふるなびコイン」がもらえます

詳しくはふるなび公式サイトの概要ページをご覧ください。

秋の特×特キャンペーンの内容をチェックする!

ふるさとプレミアム

ふるさとプレミアムでは、マウスコンピューターのパソコンを選ぶことができます。

ふるさとプレミアムで申し込み可能なパソコンの返礼品一覧を見る

2021年10月1日 0:00 ~ 10月31日 23:59まで、Amazonギフト券プレゼントキャンペーンを実施中です。

期間中に、ふるさとプレミアムへの無料会員登録とキャンペーンにエントリーすると寄附金額の6%分のAmazonギフト券がもれなくもらえます!

エントリー方法など詳しくはこちらをご覧ください。

Amazonギフト券プレゼントキャンペーン【2021年10月】の内容をチェックする!

楽天ふるさと納税

楽天ふるさと納税では、サードウェーブマウスコンピューターに加えて、富士通も選べるようになりました。

楽天ふるさと納税のパソコンの返礼品一覧を見る


楽天ふるさと納税で寄附をするなら楽天カードが断然お得です
楽天カード新規入会キャンペーン

お買い物マラソン時は買いまわりショップ対象になりますし、楽天カードを使うと、5のつく日、0のつく日、イーグルスやヴィッセル神戸、FCバルセロナ勝利時などポイントがアップする機会が多数あるのでおすすめです。

さとふる

さとふるでは、フロンティアブランドのパソコンが選べるようになりました。

さとふるのパソコンの返礼品一覧を見る

ふるさと納税でパソコンをもらうために必要な年収とは?

パソコンは返礼品のなかでも高額な部類に入ります。

一番安いものでも寄附金額が10万円を超えているということは、少なくともご自身の寄附限度額が10万円を超えない限り、自己負担が2000円を超えることになります。

今回ご紹介しているパソコンの寄附金額が、12万円~199万円となっていますので、寄附金額の上限が12万円および199万円となる年収の目安を、こちらのかんたんシミュレーターで調べました。

結果は下の表をご覧ください。

ただし、目安は給与所得者の場合で、個人事業主の場合は額が異なることをご了承ください。

限度額独身又は共働き※1夫婦※2又は 共働き+子1人 (高校生※3)共働き+子1人 (大学生※3)夫婦+子1人 (高校生)共働き+子2人 (大学生と高校生)夫婦+子2人 (大学生と高校生)
12万円743万円786万円802万円829万円845万円888万円
199万円4806万円4839万円4866万円4887万円4899万円4932万円

※1:「共働き」は、ふるさと納税を行う方本人が、配偶者(特別)控除の適用を受けていないケースを指します。(配偶者の給与収入が201万6千円以上の場合)

※2:「夫婦」は、ふるさと納税を行う方の配偶者に収入がないケースを指します。(ふるさと納税を行う方本人が配偶者控除を受けている場合)

※3:「高校生」は「16歳から18歳の扶養親族」を、「大学生」は「19歳から22歳の特定扶養親族」を指します。

※4:中学生以下の子供は(控除額に影響がないため)、計算に入れる必要はありません。例えば、「夫婦子1人(小学生)」は、「夫婦」と同額になります。また、「夫婦子2人(高校生と中学生)」は、「夫婦子1人(高校生)」と同額になります。

まとめ

ふるさと納税の返礼品としてもらえるパソコンは台数が限られています。希望とマッチする製品を見つけたら早目の手続きをおすすめします。

これまでの実績から、地元工場で生産されたパソコンは返礼品にしてもよいとお墨付きが出たようなものですので、今後パソコンの返礼品を提供する自治体がさらに増えるかもしれません。

パソコンの返礼品情報は今後少なくとも月一回、月初に更新しますので、このページをブックマークしていただいて時々チェックしていただければ幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました